忍者ブログ

小説のような幻

すべての欠陥というから完璧な追求。

その日の朝の光のように、まばら

透過濃密な竹林や杉、

傾情こぼして苔のjeans embroidery清朝の長岩、

いくつかのように夜の露と、

恋して殘りの丁寧と息、

あなたは足足を踏んで高い低子供の道の思い出の中で、

忽然、ひとしきりの山の霧はわけのわからないが押し寄せた、

君に夢中な振り向く、

誰に言ったらしい、

ただ誰か分かるようにあなたは言った――

いくつもの美!

しかし誰もいない、

からまで欲しくないのwine classは、

たいのよくない、

あのいくつか殘念!

山の木のように、

どこの銅の鈴花、

日陰で涼しいかたる秘の山風に、

聞え陣ひとしきりの蛙、

あなたを忘れるのを止めて歩、

まるで誰に言った――「聞いて!」

全世界のようにすべての秘密、

二人で共有す。

だから、殘念は局部の完璧な。

犹似完全人生内の不完備、

あの夜にお茶を飲み終わって春お犹似、

無眠る夜後、な一種の声、

と聞いてまわる:

どうしてあなたは私に属しないとは古代の中国?

どうして僕たち標流にこんなに遠く?

なぜ命のAsian college of knowledge managementうずまいほど巧みですか?

離れたまま帰ってきなさい、

別れたのも再会、

どっちみちいずれもいくつかの話、

不完全美の証拠を殘して、

诗のようなまとわりつきます、

小説のような幻。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[05/29 Smithd531]
[04/16 Bubby]
[04/16 Cinderella]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R